2011年10月06日

「雲の上」

取引先の問屋さんが、
フリーペーパー「とっても小さな物語」というのを発行しているのですが、
今月号にとても心打たれる詩がありましたのでご紹介します。

版画家の大野隆司さんという方が作られた詩です。

大野さんは、
震災で被災された方々に何ができるか?自問自答し、
大切な人が亡くなってしまったのは自分のせいだと、
苦しんでいる方々に伝えたくて作詞されたそうです。


     「雲の上」

1 私は今 落ち着いてるよ
  寒くもないし 怖くもない
  ここはふわふわ 雲の上

  ここからあなたがよく見える
  悲しみいっぱいかかえ込み
  嘆くあなたがよく見える
  苦しむあなたがよく見える

2 私は今 落ち着いてるよ
  寒くもないし 怖くもない
  ここはふわふわ 雲の上

  あなたがあなたを責めるほど
  私はもっとつらくなる
  お願いだから責めないで
  あなた自身を責めないで

3 私は今 落ち着いてるよ
  寒くもないし 怖くもない
  ここはふわふわ 雲の上

  生きていくことはきついけど
  それでもあなたは生きててね
  あなたが私を守ってね
  弱い私を守ってね

  私もあなたを守るから
  弱いあなたを守るから

  作詞 大野隆志


この詩はもちろん、
大切なご家族やご友人やお知り合いの方を亡くされた方々に向けられた詩なのですが、
私はこの詩を読んだ時に、
愛しい愛猫を亡くされた方をも想いました。

大切な猫を亡くした時、
どうしても人は自分を責めてしまいます。

多分、私も、
アトムとフクを亡くした時は自分を責めると思います。
でも、その時にはこの詩を思い出して、
泣きはするけれど、自分を責めるのはやめようと思います。
この詩で、
自分を責めても、アトムもフクも喜ばないと知ったから。

ニックネーム こけもも at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パクリ掲載許可 ありがとー
ほんとに猫たちを想ってじ〜〜んとしちゃいました

あの震災では 自分だけが生き残ってしまった
と 苦しんでいる方が多いそうですね
あんな大変なことを経験されたんだから
平常心を取り戻すには まだまだ乗り越えなければならないことが
いっぱいなんでしょうね 
早くみなさんが心身共に元気になられるといいね
Posted by てんてん母 at 2011年10月08日 22:34
 生きていくことはきついけど
  それでもあなたは生きててね
  あなたが私を守ってね
  弱い私を守ってね

  私もあなたを守るから
  弱いあなたを守るから



私も守られてると信じてる!
Posted by hiroe at 2011年10月09日 15:04
こけももさん
私ねっ
マメが死んで
まだ、大泣きしてないの
だから時々
ちょっとずつ泣く
あっ、いかん!と思い泣かない
その繰り返し
あの子には後悔がイッパイ
ダメな飼い主でねぇ
会いたいなぁ・・・
いつか会えると思いたい
私の初めての娘だもの
Posted by 奈津ママ at 2011年10月12日 23:54
そうなんや♪
雲の上、ふわふわのふかふかでな〜♪
とっても、気持ちエエねんで♪

お空のレンより
Posted by あめぶら at 2011年10月14日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2877050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック